2015年2月9日月曜日

ミニベロだって輪行したい!!


「輪行(りんこう)」って言葉知っていますか?自転車を折り畳んだり分解して「公共交通機関(電車や飛行機、船など)」にて運搬する事を指す言葉です。
*ご利用の交通機関によってルールが異なりますのでご注意ください。


「散策」だと一日で行けるスポットは限られるし
「ドライブ(車)」だと土地の風は感じる事ができません、ステキな場所を見逃してしまうかも。。。

私自身も昨年は富士山に行ったり房総半島走ったりいろんなロケーションを走りました。


*この時のアタックはBROMPTONでトライしましたが「苦行」でした。。。

自転車は買って「GOAL」じゃなくて買ってから「スタート」普段使いはモチロン
こんな小旅行の相棒としてもとっても楽しむ事ができます☆

今回はそんな「輪行」を楽しむ上で欠かせない「専用バック」のお話。
ロードバイクやマウンテンバイクはバリエーションが多く、折りたたみ自転車には車種に合わせた専用品があります。しかし意外な盲点「ミニベロ(タイヤの小さい自転車)」を運ぶにはどうしたら良いの??って質問がけっこうあります。

お答えしましょう!私は「TIOGA COCOON(ミニベロ用)3,900円税抜き」を使います!




理由は楽ちん&コンパクト!大事です。
サドルの後ろにつければ違和感ナッシング!

















今回は人気ブランドTYRELLのミニベロをサンプルに実演します☆

「ドロップモデル(CSI)」
*完成車7kg台の軽量ミニベロ!輪行も軽々!走りも本格的!

「フラットモデル(CX)」
*細いパイプが特徴の乗り心地の良いクロモリフレームが人気のコスパ良モデル!

まずは準備段階。
前輪を外し、サドルを下げます。シートクランプ(サドルを止めているパーツ)を
クイック仕様にすると工具いらずで楽チンです!




次にタイヤをフレームに固定します。


ホイールの固定箇所は
「シートチューブ(フレーム)」

「ハンドルバー」

「クランク(ペダルがいい感じで効いてます)」

しっかりとした固定でフレームには干渉しておらず傷の心配もなさそう!
ハブ(車軸)もフレームにはぶつかってません。
*クイックレリーズを無くさないように!移動中に落としちゃう方がけっこういます。。。

肩ベルトをステムとシートポスト部にくくり付け。。。


袋へGO!
「ドロップモデル(CSI)」

「フラットモデル(CX)」

とってもいい感じです☆もし電車内にて混雑している時には立てて
お持ち頂くのも良いですね!

believeではオススメのルートや輪行の心得もしっかりサポートしますので
お気軽にご質問くださいね!

初めての「輪行」そして改札。。。緊張しちゃいますがその先に見える世界は
きっとかけがえの無い可能性が大きく広がっています。


最初は実家への帰省や「乗り換え」無しでプランを立ててもグッドです!


今年はどこに行こうかな。。。

☆日々のあれこれはFacebookにて☆
https://www.facebook.com/city.believe

---------------------------------------
街の自転車屋さん「believe」
〒279-0004千葉県浦安市猫実5-1-37
Tel:047-390-5577
営業時間 8:00~20:00
定休日:不定休
担当者:山越(yamakoshi)
---------------------------------------




0 件のコメント:

コメントを投稿